完売御礼!「Bootleg」は売切れ中!

http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20091206
みなさま、いかがおすごしでございますでしょうか?
ボクはこんな感じですよ。
文学フリマ、約2400人来場 人気作は150冊完売」
http://news.ameba.jp/domestic/2009/12/52002.html
オレ!オレ!

おかげさまで「Bootleg」は完売いたしました。
買っていただいた方には心よりの感謝を、来ていただいたのにお売りできなかった方には心よりのお詫びを申しあげます。

告白すると、実は通販は視野に入れてました。
150部(プラス予備分)刷ったのですが、持っていくのが面倒くさくて会場に全部納品してもらい、売れ残った本をタコシェに持っていこうと思ってました。前回の「UMA-SHIKA」や空中キャンプさんの「下北沢の獣たち」売り上げなどを参考に、当日は良くて100冊。悪くて80冊くらいだと見積もってました。
で、まぁ開場してみたら一気に列が出来てあれよと言う間に箱の中身がカラになり、頼まれていた取り置き分すら危うく売り切ってしまいそうでした。
お隣やお向かいさんにはご迷惑おかけしました。幸い両隣、R−9/とみさわさんの「人喰い映画祭」そよ風みかん先生の「ぶっくらんど」と、R−11『終わりの会』のブースも売り切れていたようなので安心しました。特に「終わりの会』のみなさまは12時過ぎまでの間は騒然とした列の手前側になってしまいながらも寛大な対応をしていただき、ありがたかったです。

今回の本は、企画を立てたのが5月の「第8回文学フリマ」直後。で、実際の作業が9月中旬から10月いっぱいくらい。その間、ボクのサラリーマン仕事が激務に突入してしまい、「Bootleg」と並走しての制作で、ほとんど休みが取れず、徹夜作業の明け方にこっそり作ったりしてました。普段と比べるとメチャクチャなハードさが長く続いていて、その苦労の成果の実感を掴もうとした刹那にアワアワと売り切ってしまった感じです。
なんか、2年以上、顔を変えたり慣れないドヤに潜んだりして日本中を逃げ回ったのに捕まる時は一瞬だね?なんつって市橋に声をかけたくなるような心境です。

増版は部数や時期はまだ未定なんですが、作るつもりです。決定しだいまたココでお知らせいたします。
それと、今は次の文学フリマに出品するか検討している感じです。
で、次回のために「vol.0」を購入された方たちの感想など聞かせていただきたいなぁっと。で、その感想を元に「ごめんなさい。もう二度とやりません!」なのか、「おいら次もがんばるよ!」なのかを決定しようと思います。

よろしくです。

功夫